夏の毛穴ケアで絶対にやっていはいけない事3つ

投稿日:

夏は毛穴が目立つ季節です。

  • その原因は、気温・湿度が高くなって毛穴が開きやすくなっている
  • 日焼け止め+メイクで肌への汚れが付きやすくなっている
  • 冷房、エアコンで温度差があり肌のストレスがかかりやすくなっている
  • 紫外線から肌を守るために角質が厚くなりやすい

どれも、肌へのストレスや乾燥の原因となることばかりなのです。

ですので、夏に毛穴が目立ってしまう方は普段のスキンケアでしっかりとケアをしてあげましょう。

特に夏にやってしまいがちな3つの間違ったケアを紹介します。毛穴が目立ってしまって悩んでいる方、ぜひ役に立ててもらえればうれしいです。

やってはいけない夏の毛穴ケア

毛穴ケアの鉄則は、“毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除き、肌の水分と油分のバランスを整える”こと。

日焼け止めを塗っているのにクレンジングをしない

夏の紫外線からお肌を守ることは必須です!ウオータープルーフタイプのものを使う場合も多い季節です。

しかし、日焼け止めクリームを塗ったその後はしっかりとクレンジングで洗い流しましょう。日焼け止めクリームを落とさないと、クリームの刺激で毛穴詰まりや肌トラブルの原因となってしまいます。

特に夏はウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用する事が多いので、オイルクレンジングなどでしっかり落としましょう。クレンジングの洗顔も重要です。

最近の日焼け止めクリームには専用のクレンジングなしでも洗い流せるタイプのものも販売しています。洗い流しやすいタイプの日焼け止めを選択するのもいい方法です。

UVケアは最後にしっかり落とすまでがケアです。洗い残しが無いようにしっかりと落としてあげましょう。

キチンと保湿ケアをしていない

夏は高温で多湿と顔がテカりやすくなっています。しかし夏は、ベタつくしテカリが気になるから、サラッと乳液、化粧水でサラッと保湿ケアをしていませんか?

しっかりと保湿をしないことでかえって肌が乾燥し皮脂が出やすくなっているのです。

気温が高い夏だからベタつき、皮脂が過剰に分泌されているわけではないのです。肌の乾燥が一番の原因となっているのです。

冷房は肌を乾燥させる大きな要因です。オフィスでも自宅でもしっかりと保湿をしないと、冷房で乾燥した環境に負けてしまいます。しっかりと朝晩の洗顔後の保湿は行うようにしましょう。

皮脂が過剰に分泌されることで角栓ができやすくなります。特に夏場はメイクに日焼け止めクリームなどお肌の上は角栓の原料になるものがイッパイです。なるべく角栓ができにくいように保湿ケアでしっかりと皮脂コントロールをしてあげましょう。

ゴシゴシ洗いで洗顔する

夏場にはメイク+日焼け止めクリームといつも以上に顔には油分たっぷりで角栓が黒ずむ酸化する要因がたっぷりあります。そしてその酸化した角栓は黒ずんでしまいます。

黒ずんだ角栓は目立ちますし凄く嫌なものですよね。

ですので、どうしてもゴシゴシと洗いすぎる方が多くなります。ゴシゴシ洗いでは、毛穴の黒ずみはとれません!

毛穴の黒ずみがとれないばかりか、ゴシゴシ洗いでは肌への刺激が強くなります。お肌の刺激は角質を固くし、毛穴の表面も固くなってしまいます。硬くなってしまうと逆に毛穴のブツブツ感が強調されてしまいます。

お肌を柔らかく、汚れをしっかりと落とすためにも、優しい泡洗顔をしましょう。結果として、毛穴が目立ないようになります。

夏の毛穴ケアで大切な事【まとめ】

夏の毛穴ケアで大切な事は、しっかりと日焼け止めを落とすこと。
保湿はしっかりと行う
ベタつく肌をゴシゴシ洗わない

夏の気温が高く湿度も高いので、乾燥しないだろうと思いスキンケアするのがかなりNGなスキンケアです。
毛穴ケアの鉄則はしっかりと優しく洗浄・保湿はたっぷりです。

しっかりと汚れを落とし、保湿ケアすることで、肌の水分バランスは肌機能の改善で自然とバランスが取れるようになります。

夏の開き毛穴は結果としてたるみ毛穴となりやすいので、しっかりと毛穴ケアして暑い夏を乗り切りましょう。

-毛穴ケアの方法
-,

Copyright© ソワン , 2017 AllRights Reserved.